納涼会

0

     毎日、暑い日が続いていますが、お元気ですか?

     先週末、恒例の納涼会が開催されました。食事の方も、はも、鮎、スッポン等

    美味しかったですね。

     まず、中村さんのドイツ薬局視察の報告会がありました。効率された調剤シス

    テム、ショーウインドーの情報発信など日本とは違う点がありました。

     実務実習の佐藤さん、お疲れ様でした。実習を通して学んだ事を活かし、国家

    試験のハードルを乗り越え、薬剤師になって欲しいと思います。

     永年勤続10年の大橋先生、お疲れ様でした。10年前は独身でしたが、今は3児

    のパパです。これからも子育てと仕事を頑張って下さい。

     

    今年は、例年より早くに梅雨明けして猛暑の日が続いています。患者さんも、

    熱中症の方が増えてきています。水分補給だけではなく、塩分も補給する事が

    重要です。スポーツ飲料や経口補水液がおすすめです。まだまだ暑い日が続き

    ますが、こまめに水分補給して、猛暑の夏を乗りきりましょう。


    健康フェアー開催!

    1

      梅雨、真っ只中ですが皆様体調は崩していませんか?

    毎日寒暖差が激しいので、十分お気をつけ下さい。

     

    さて、先週開催させて頂きました「健康フェアー」では

    大勢の方のご来店ありがとうございました。

     

    体組成計、物忘れチェック、肺年齢測定、血圧計をご用意

    させていただきましたが、どの測定器の多くの方に測定い

    ただきました。

    また、マイサイズいいね!プラス塩分1gシリーズのカレー

    と親子丼を大麦βーグルカン(水溶性食物繊維)豊富なもっちり麦

    を入れて炊いたご飯で試食、豆まで食べられる黒豆茶の試飲コーナー

    も好評でした。

      

    薬剤師による「健康相談コーナー」も設置しました。

    試食コーナーの隣で気軽にお立ち寄り頂けました。

    今後も定期的に開催させて頂く予定です。

    また、別の試食・試飲品もご案内できればと思っております

    のでお楽しみにしていて下さい。      


    無事完走!

    0

      はじめまして!

      去年の10月から薬局に勤務している薬剤師の山内と申します♪よろしくお願いします。

      初ブログ投稿なのでドキドキです((((;゚Д゚))))

       

      さて5月ももう終わりですが、13日に鹿沼市で開催された鹿沼さつきマラソン大会に参加してきました!

      高校生以来のマラソン大会だったので走りきれるか不安でしたが(笑)、なんとか5km走りきれました!!( ゚ω^ )b

       

      薬局からは事務の樽見さん、生井社長と私が参加し、全員怪我なく完走出来ました。

      来年はタイムが縮まるようにもっと練習しなければ・・・(; ・`д・´)

       

      さすが社長、余裕の走り・・・完走賞貰いました!

      さすが社長、余裕の走り・・・   完走賞貰いました! 

       

       

      そろそろ梅雨シーズン到来です!

      天気が悪い日が続くと自律神経が乱れて体調不良が起きやすいので、規則正しい生活を心がけてくださいね。

       

       


      健康サポートフェア

      0

        寒さも和らぎむしろ暑いくらいの陽気が続いていますが、皆様体調のほうはいかがでしょうか?

         

        突然ですが、当ふれあい薬局では6/13〜6/14の二日間に健康サポートフェアを開催します!

        血圧や体組成、物忘れ判定、肺年齢の測定など、皆様の健康に関する気になるあれこれを調べられます。

         

        当薬局で販売している「もっちり麦」、「黒豆茶」、低カロリー食品「マービー」、減塩のための「ウレシオ」の試食会も行います!

        この機会に気になる商品を試してみてください!お待ちしております!


        ラジオな一週間

        0

          おそくなりました今年初めての投稿になります。

          今年もふれあい薬局、なかよし薬局、みぶ薬局をよろしくお願いいたします。

          生井栄佑でございます。

           

          先週一週間はラジオがらみの行事に参加させていただき、

          大変貴重な一週間となりました。

           

          まずは、栃木県民ならみなさんご存知

          Radio Berryレディオベリーにお伺いし、

          収録をしました。(もちろん初めてです。)

           

          毎週金曜、21時より放送の「デュアル・サプリ」

          小児アレルギーエデュケーターの資格を有する薬剤師として、

          子どもとアレルギーにまつわるお話をさせて頂いております。

          (栃木県薬剤師会がメインスポンサーでございます。)

          3月の2日から5週連続で登場しますので、

          是非チェックしてください。

          須賀ちゃん、かわいかった〜。

           

           

           

          もう一つ。

          2/24(土)、獨協医科大学 関湊ホールにて行われた

          CRT栃木放送主催「子どものためのアレルギーセミナー」

          こちらも小児アレルギーエデュケーターとして登壇しております。

          こちらではラジオ出演はありませんが、

          第4部喘息・花粉症のパートにて、

          西方病院 菅野院長のあとに吸入薬の使い方、舌下免疫療法について、

          お話をさせていただき、大変貴重な経験をさせていただきました。

          栃木県の小児アレルギーチームで一つのことを成し遂げる

          達成感を勝手に感じてしまいました。

           

           

          花粉症を含め、2人に1人が何らかのアレルギーに悩んでいる方がいる時代です。

          アレルギーのポイントはお薬を継続していくことになります。

           

          お薬に関して不安なことやどうすれば継続できるか、

          ぜひ薬剤師にご相談ください。

           

           

           

           


          師走の恒例行事といえば

          0

            そう!忘年会です!


            皆さまこんにちは!おひさしぶりです事務員の中村です。

            先日ふれあい薬局グループの忘年会、兼10月から薬剤師として仲間入りした山内彩先生の歓迎会を行いました。たくさん食べてたくさんお話をして笑って盛り上がりました!

            特に生井栄佑先生の突然の余興。サンシャイン池崎ならぬ、サンシャインえいすけ  は盛り上がりましたね!!
            楽しい職場です!山内先生、これからふれあい薬局の仲間としてよろしくお願いします( ^∀^)



            そんなこんなで、今年もあと残りわずかインフルエンザや風邪、胃腸炎も流行っています。年末年始に向け体調を万全にして新年を迎えましょう!

            皆様、今年一年大変お世話になりました。良いお年をお迎えください。



            ★日本小児アレルギー学会★

            0

              先日、日本小児アレルギー学会に参加してきました。

               

              半分、お手伝いとしての参加だったため、金曜日から日曜日まで3日間、

              毎日、宇都宮の東日本ホテルに行ったため、ナビ無しでも余裕で行けるようになりました!

               

              最終日日曜日は自分の発表、

              小児アレルギーエデュケーターのセッション。

              伝説的なPAEの先生方に埋もれて、

               

              アレルギーサマーキャンプに参加して 〜薬剤師の立場から〜

               

              というタイトルで発表させていただきました。

               

              薬剤師がメインでない学会参加は、社会人では初めて。

               

               

              華やかな世界に圧倒されるとともに、

              薬剤師としてもっと小児アレルギーの世界でも頑張らなきゃなと、

              身が引き締まりる思いです。

               

               

              生井栄佑


              長々とカロリーについて語る

              0

                皆様こんにちは。

                寒くなってきましたが、体調はいかがですか?

                気温の低下と空気の乾燥とともに、インフルエンザや胃腸炎の患者さんも増えてきます。

                まずは感染しないように、もし、もらってしまったら他の人にうつさないようにお気を付けください。

                 

                気が付けばもぅ年末ですね。

                年末年始は食べる機会が増えてきます。

                そんなわけで…

                 

                今回はボディビルについて調べていた時に見つけた栄養管理方法を載せていきたいと思います。

                来年こそはマッチョを目指しましょう!

                 

                まずは自分の一日の総消費カロリー(TDEE)を計算します。

                TDEE以上のカロリーをとれば太っていくし、TDEE以下の食事をすれば理論的には痩せるはずです。

                 

                三大栄養素の比率を計算します

                タンパク質1g=4kcal

                脂質1g=9Kcal

                炭水化物1g=4Kcal

                 

                この2つを意識していくだけです。

                 

                の一日総消費カロリーについては性別や身長体重によって違いがあるので、

                詳しく知りたいかたはインターネット等で検索してみてください。

                簡易版はこちらです↓

                体重(Kg)×33=1日あたりの総消費カロリー(Kcal)

                 

                例)体重60Kgの人の場合

                TDEEは60×33=1980Kcalとなります。

                 

                この人が減量を目的とする場合、20%のカロリーを抑えるとすると…

                1日の目標摂取カロリーは1980Kcal×80%=1584Kcalになります。

                 

                かっこよく&美しく痩せたいなら栄養のバランスにも注意しましょう。

                筋肉を育てるために理想的な三大栄養素の比率は・・・

                タンパク質:体重×1.5〜2g

                脂質:体重×0.6〜1g

                炭水化物:上記以外

                と言われています。

                 

                例)体重60圓凌佑両豺腓任垢1日当たりの摂取量の目安は

                タンパク質:60×1.5=90g

                脂質:60×1=60g

                となります。

                 

                この数字に△裡隠腓△燭蠅離ロリーをかけると・・・

                タンパク質:90g×4Kcal=360Kcal

                脂質:60g×9Kcal=540Kcal

                ここで出た数字と目標摂取カロリーから炭水化物の摂取量を求めます。

                 

                (1584Kcal)− (タンパク質360Kcal+脂質540Kcal)=684Kcal

                 

                684Kcalを炭水化物1g当たりの4Kcalで割ると…

                 

                684Kcal÷4Kcal/1g=171g

                 

                これで炭水化物の摂取目安量が出ました。

                 

                60Kgの人が健康的に減量するために1日当たりに食べる量の目安は…

                タンパク質:90g

                脂質:60g

                炭水化物:171g

                1日摂取目安総カロリー:1584Kcal

                となります。

                (信じるか信じないかはあなた次第…実行する場合は自己責任でお願いします)

                 

                長々と語ってきましたが、要はバランスのいい食事と腹八分目が健康的だという事ですね。

                 

                僕は増量するために2000Kcal以上は摂取していこうと思います。

                 

                来月は忘年会の季節ですね!

                皆様、風邪には気を付けて冬を楽しみましょう!


                小児アレルギーエデュケーターセミナー

                0

                  こんにちは

                   

                  ふれあい薬局、生井栄佑です。

                   

                  先日、小児アレルギーエデュケーターセミナーで

                  ほんのすこしですがお話をさせていただきました。


                   

                  先日参加した獨協医科大学、小児科主催のアレルギーサマーキャンプの報告をさせていただきました。

                   

                  栃木県内のご高名な先生方の中、心臓バクバクでしたが、

                  無事終了。

                   

                   

                  子どもたちに楽しく薬を続けてもらうためには?などなど

                  貴重な意見をもらえて、大変勉強になりました。

                   

                   


                  湿布剤

                  0

                    こんにちはふれあい薬局の大橋です。

                    この時期は暑さも落ち着いてきて体を動かす機会も多くなると思いいます。

                    そこで今回は市販の湿布剤の選びかた、注意点について簡単に紹介したいと思います。

                     

                    湿布剤は大きく分けて2種類に分けられます。

                    1つは解熱鎮痛剤NSAIDsを含有するもので、痛みを抑える効果が他のものに比べ高く、中には病院でもらえる湿布と同じ成分量のものもあります。

                    ただし、喘息がある方や15歳未満の小児、妊婦さんは使用できないといった注意や、ごくまれにショックなどを起こしてしまう可能性がある、という注意点もあります。

                     

                    もう1つはサリチル酸メチルやビタミンEが有効成分の古くからある貼付剤です。

                    鎮痛効果は上記のものよりは穏やかなものになりますが、15歳未満の小児や妊婦さんも使用することが出来ます。副作用も少ない為、気軽に使用しやすいといった特徴があります。

                     

                    テープとパップの選び方は、テープという肌色の薄い湿布は慢性的な痛み、パップという白色のヒンヤリする湿布は急性期の痛みに適しています。

                    ただし関節や汗をかきやすい所に使用する場合ははがれにくいテープの方が適している場合もある為、貼る場所も考慮して選ぶようにしましょう。

                     

                     

                    最後に、今回紹介した湿布剤は内服薬に比べ手軽に感じられるかもしれませんが、用法容量は守って使用し、症状が改善しない場合は使用を中止して、医師の診察を受けるようにして下さいね。

                     

                     

                    ※妊婦さんや妊娠の可能性のある方、お子さんや使用できる薬剤に制限がある方は必ず相談し、ご自身でもパッケージ、添付文章を確認した上で使用してください。

                     


                    | 1/8PAGES | >>